サウナを通して人と地域をつなぐ 〜モクラスの目指す未来〜

サウナを通して人と地域をつなぐ 〜モクラスの目指す未来〜

香川県三豊(みとよ)市、雄大な海と山に囲まれた場所にある一棟貸しのゲストハウス「積凪(つむなぎ)」。
「MOKURASU棟」と「KITAKEN棟」の2棟からなるこちらの施設は、それぞれ最大14名が宿泊できるゆったりとした広さと、どちらの棟にも専用サウナがついていることで話題。
本インタビューでは、自身もサウナにはまった「サウナー」であり、「積凪」を企画した株式会社モクラス社長の矢野太一氏に、開業の経緯とサウナの魅力についてお話をうかがいました。

矢野太一(やの・たいち)
株式会社モクラス 代表取締役社長

大正3年に木材問屋として創業した老舗の家業を2015年に4代目社長として継承。社長就任の翌年、社名を「株式会社モクラス」に変更。企業理念は「従業員の幸せを追求し、お客様に信頼され、地域社会に貢献する」こと。 木材事業にとどまらず、カカオ豆の選別・焙煎・製造までの全工程を一貫して行う「Bean to Bar」のチョコレート専門店の運営や、宿泊施設の企画、運営等、あたらしい分野にも目を向けて挑戦し、生まれ育った三豊から発信を続けている。

ここでしかできない体験を通して地元の良さを再認識してもらいたい

― 株式会社モクラスは木材加工会社ですが、異業種とも言えるゲストハウスを始めたきっかけは何だったのでしょうか?

矢野:最初は社員向けの保養所を作りたいというところから始まっています。
なぜ保養所なのかというと、社員が意外と地元の事について知らないのではないか、と感じていたからです。
社員やその家族にも自分たちの働く町、住んでいる町をもっと知ってもらうために、地域の中で過ごしてみて、地元にこんなところがあるんだ、こういうことができるんだっていうことを、もっと知って体験してもらいたいと思ったことがきっかけです。

良いロケーションに施設を作ることで、社員やその家族のいい思い出にもなります。また、施設には自分たちで作った商品(収納棚等)が設置されており、会社でどんなことをやっているのか社員の家族に興味を持ってもらうことで、自分の仕事を誇りに思って欲しいし、社員本人も家族が喜んでくれることによって、モチベーションを上げて頑張ってもらいたいと思って開設を決めました。

― 社員向けの保養所が最初のきっかけだったんですね。

矢野:そうなんです。施設を作るにあたり、同じ三豊市にある株式会社喜田建材さんに相談したところ、保養所を作ることはとてもいいことだけど、「保養所兼ゲストハウス」として展開すれば、地域外から来た方に対しても、三豊の魅力を伝えることができるのではないか、という話になり、今の形態に変更しました。

― 「積凪」の魅力について教えてください。

矢野:「積凪」の後ろには紫雲出山(しうでやま)、目の前には瀬戸内海という山と海に挟まれた最高のロケーションです。元々この積凪がある荘内半島の一部の地域は浦島太郎が竜宮城に行って竜宮城から帰ってきたときに、その宝箱を積み上げた場所であるという伝説から「積(つむ)」と呼ばれています。ここに来た人達も仲間や家族と、いつもと違う環境でコミュニケーションを積み上げることができる場所になるのではないかと思います。

― 「積凪」はどんな人におすすめですか?

矢野:山と海に囲まれた「積凪」に来ればどんな人でも日常とは違う時間が流れます。何もないことを本当に心から楽しめる人におすすめです。

― 「MOKURASU棟」にはONE SAUNAのバレルサウナが設置されていますが、サウナが完成する前と実際に完成してからの印象はいかがですか?

矢野:サウナの完成前の印象は、樽型のビジュアルがとてもかっこいい。ただ、サウナとしてはどんな効果があるんだろう?と感じていました。
完成後に実際に使ってみた感想として、やはりロウリュをした時に出る木の香りがすごくいい。アロマを使わなくても、リアルな杉の香りが感じられるのがとてもよかったです。
 

サウナの楽しみ方は人それぞれ

― 今後、サウナ業界に何を期待しますか?

矢野:サウナ、水風呂、外気浴、それぞれ好きな人がいると思うので、サウナの入り方やルールはあまり気にせず、マナーはきちんと守りながらも、それぞれの入り方でもっと気楽に楽しめるようになったらいいのではないかと思います。

― モクラスのサウナにおける今後の取り組みを教えてください。

矢野:積凪の「MOKURASU棟」のサウナエリアをお客様がよりサウナを本質的に楽しんでいただけるような空間にしていく予定です。
また、積凪とは別の事業として、カカオ豆の選別・焙煎・製造までの全工程を一貫しておこなう「RACATI」というショコラトリーを運営しているのですが、その敷地内に展示場兼、一般の方も利用できるプライベートサウナを作る計画もあり、今後サウナの良さを幅広く伝えていきたいと思います。

― 最後の質問です。矢野さんにとってサウナとは。

矢野:「人生に欠かせないもの」です。

日常の喧騒から離れて自然の中でゆったりと過ごす事のできる「積凪」はまさに現代の竜宮城。

忙しい日々や、デジタル社会から少し離れて、家族や仲間同士でサウナに入りながら、普段なら話せないことをゆっくり話してみる。
ここでは心身のリフレッシュだけでなく、普段見落としがちな身の回りの大切なことに気づかせてくれる場所になるにちがいない。 

積凪

TEL/080−2976−4641
住所/〒769-1105 香川県三豊市詫間町積586−1
営業/サウナは宿泊者のみ利用可
チェックイン: ~18:00 チェックアウト: ~10:00 ※入室は16:00より可能
料金/料金:¥50,000~
※滞在する人数、季節により金額が変動いたします。
H  P/https://tsumunagi.jp/

サウナタイプ
メーカー/ONE SAUNA
パーソナルサウナ(バレルサウナ)
サウナストーブ
メーカー/ONE SAUNAガスヒーター
ロウリュ/あり(セルフロウリュ)
水風呂
シャワー/浴槽(ゲストハウスのお風呂を水風呂として使用)
外気浴
整えチェア/あり

Share

More Posts

Previous